オリーブオイル市場Blog

primolio.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 24日

イタリアからのMerry X'mas

d0170094_226579.jpg




















クリスマス休暇中のイタリアから嬉しいメールが届いたので、ぜひ皆さんにも。
[PR]

by primolio | 2010-12-24 02:42 | Saluto ご挨拶
2010年 12月 17日

2010年イタリア出張「オリーブオイル買い付けの旅」オリーブ農家訪問トスカーナ編⑤

d0170094_245212.jpg
今日は、オリーブ農家訪問トスカーナ編⑤、
「VILLA TOLOMEI(ヴィッラ トロメイ)農園」の写真ばかりのレポートです。

「VILLA TOLOMEI」は、フィレンツェの南、市街を望む小高い丘にあります。
ここの農園、以前レポートしたbifolchi農園と同じく、ただの農園ではありません。
広大な敷地の中にブドウ畑とオリーブ畑そして改築途中のお屋敷(Villa)があって、来年の春に農園付き超豪華ホテルとしてオープン予定だそうのです。
よく聞くアグリトゥーリズモとは違い、1泊€1000以上、オーナーはローマの貴族とのこと。
ヨーロッパのお金持って、スケールが違います。

d0170094_2472673.jpg


敷地の門からVillaまで続くプロムナード。

この道の両側には、まだ小さいですがオリーブの木やブドウ、果物、野菜の畑が作られていて、ホテルオープン後は、お客様の食事にもてなされるそうです。

d0170094_3102259.jpg

修復中のフレスコ画。

室内は、凛とした空気が漂っていました。
今までイタリア各地、アパートやホテル・友人宅など色々な所に滞在してきましたが、どこへ行っても、フレスコ画がありました。
その度に歴史と文化の違いを感じ、イタリアにいるんだなと実感していました。

d0170094_3244590.jpg

建設途中のプール。
奥に見えるのが、フィレンツェです。

写真ではちょっと見ずらいかもしれませんが、映っている緑の部分のすべてがここの敷地で、オリーブ畑が広がっています。
東京ドームだと、4~5個分くらいでしょうか。

d0170094_331680.jpg
Gori氏に敷地内のオリーブの苗木を使って、オリーブの木の仕立て方について、教えてもらっているところです。
ちなみにこれは、VASO(ヴァーゾ)という仕立ての方法の説明中。
オリーブの木は、苗木の時から枝ぶりを調整することが重要とのこと。

この他にもオリーブの実をつけやすくするための、畑内の品種別ごとの木の配列方法などを教えていただきました。

こういうお話は、ずっと聞いていたいです。

d0170094_3572857.jpg

次回は、オリーブ農家訪問トスカーナ編⑥「San Gorgone農園」です。
迫力あるオリーブの機械収穫の模様です。


北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0933
札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
TEL 011-812-5500
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-12-17 04:22 | Italia イタリア出張
2010年 12月 14日

2010年イタリア出張「オリーブオイル買い付けの旅」オリーブ農家訪問トスカーナ編④

d0170094_591376.jpg一昨日、とても嬉しいお客様と知り合うことが出来ました。
その方は、ミラノに11年住んでいらっしゃった方で、この夏25年ぶり位に札幌に戻ってこられたそうです。
「札幌にこんな素敵なオリーブオイルの専門店があるなんて」と大変喜んで下さり、イタリア生活の苦労話、でもやっぱり憎めないイタリアの話などイタリア語交じりで楽しくお話させてもらいました。

最後に「イタリアの素晴らしい人生の過ごし方など沢山の方に広めましょうね。」とお話してお別れしました。
いつかその方と一緒に何か楽しいイベントができたらと思っています。

毎日お店にオリーブオイルの好きな方、イタリアやヨーロッパそして海外が好きな方に来ていただけるので、この仕事を出来る喜びを感じています。

さて今日は、前回の続き、オリーブ農家訪問トスカーナ編④「フラントイオ(搾油場)」後半のレポートです。
今回は、収穫したオリーブを石臼でペーストにした後の工程~オリーブオイルが生まれる感動の瞬間のお話です。

d0170094_5173858.jpg石臼でオリーブをペーストにした後、さらにそれを撹拌機で練っていきます(写真左上)。

これは、オリーブに含まれている油分をより抽出しやすくするためです。
この工程で高品質なオイルを作るためのとても大切なポイントの一つがあって、ペーストを練っている間に温度が上がってきてしまうのですが、
それを常に低温に保つということです。

なぜかと言うとオリーブオイルは28℃以上になると、酸化し始めて品質が一気に落ちてしまうからです。
ただ、温度が低すぎても、油分が固まり、オイルを抽出しづらくなってしまうので、大体22℃前後で調整されているようです。
よくオリーブオイルのラベルに「コールドプレス」と書いてあるのは、この方法で作られたものなのです。

d0170094_525155.jpg

この工程を10~20分位した後、遠心分離機(写真右上)でオリーブオイルを抽出する工程に入ります。

伝統的には、このペーストを麻で出来たディスクと呼ばれる円盤状のものに塗って、これを何枚も重ねて圧搾していましたが、現在は、遠心分離機を使ってオイルを抽出する方法が主流です。

この遠心分離機で、「オリーブオイル」・「水」・「サンサ(搾りカス)」に分けるのです(3段階方式)。

オリーブは、約80%が水分で、油分は約20%しか含まれていないので、出来るオリーブオイルはほんのわずかです。貴重品ですね。
左写真の右側の緑の液体がオリーブオイルで、左のグレーの液体が水分です。

d0170094_5335224.jpg
そしてついにオリーブオイルが生まれた感動の瞬間がこれです(写真右)。
まさに100%オリーブジュースです。
オリーブを機械に投入してからオイルが出来るまでの時間は、わずか40分前後です。
この瞬間のために農園の皆さんが情熱を持って1年間頑張っているのです。

出来立ては、オリーブの澱などがあるため濁っていて、品質が良いものは、香り・味わい共に強烈なスパイシーさとアグレッシブさがあります。

このフラントイオ見学の後、私は、AISOイタリアオリーブオイルソムリエ、そしてオリーブオイルインポーターとして、日本に本物のオリーブオイルの素晴らしさを伝える責任があると感じていました。

次回は、オリーブ農家訪問トスカーナ編④「VILLA TOLOMEI農園」です。


北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0933
札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
TEL 011-812-5500
FAX 011-812-5501
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-12-14 06:09 | Italia イタリア出張
2010年 12月 12日

2010年秋収穫 新オリーブオイル『Tusco』入荷

d0170094_21521398.jpg
先月のイタリア出張で新たに輸入することが決まった
イタリア、トスカーナの「Tusco農園」から
この秋収穫されたばかりの「Olio Novello」、
新オリーブオイルが数量限定で入荷しました。

搾りたてそのままの完全無濾過の新物です。
フルーティーでフレッシュな香り、
ピリッと来るスパイシーでアグレッシブな味わいは、
1年に1度、この時期だけの贅沢な楽しみです。

d0170094_3465871.jpg「Tusco農園」は、イタリア商工会議所専属オリーブオイル鑑定士、オリーブ農園コンサルタント、
AISOイタリアオリーブオイルソムリエ協会の講師を務めるAndrea Gori氏がオーナーの農園です。

そこから生まれるオリーブオイルは、「品質」・「香り」・「味わい」の全てが完璧で、まさにオリーブオイルの最高峰です。
Tusco農園の収穫の様子は、こちら

イタリアオリーブオイルソムリエの私もここまで完璧な品質のオリーブオイルは、味わったことがありません。

d0170094_2150324.jpg今回、味わいの異なる2種類の新オリーブオイルをご用意しています。
「Verde グリーンラベル」・・・トスカーナらしい青々しい力強さの中にも、エレガントさが感じられるオイル。
「Rosso レッドラベル」・・・ハーブの豊かな香りと、辛みと苦みを心地よく感じるバランスのとれたオイル。

100ml瓶 ¥1,785(税込)  200ml瓶¥2,992(税込)
実店舗にてお味見もできます。

日本初入荷、弊社だけの限定輸入になりますので、是非この機会にご賞味ください。
地方発送(全国一律¥735)も承りますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ご注文・お問い合わせは、こちらからどうぞ。


北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0931
札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
定 休 日 月・火
土曜のみ オリーブオイル好きのための
     「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
TEL 011-812-5500
FAX 011-812-5501
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-12-12 07:30 | Notizia お知らせ
2010年 12月 11日

2010年イタリア出張「オリーブオイル買い付けの旅」オリーブ農家訪問トスカーナ編③

d0170094_5192246.jpg
ここ2週間程、この秋収穫したばかりのトスカーナ産エクストラヴァージンオリーブオイル「Tusco Novello(トゥスコ ノヴェッロ)」の輸入と店頭販売の準備などで忙しくしていました。
早く皆さんにこの美味しすぎる初搾りオリーブオイルを食べてもらいたくて。
そのオイル販売の詳細は、次回(今日か明日)の更新で書きます。お楽しみに。

さて今日は、イタリア出張の続き、オリーブ農家訪問トスカーナ編③「フラントイオ(搾油場)」のレポートです。
日本では、なかなか見ることが出来ないオリーブオイルが生まれる最前線を前半、後半の2回に分けてご紹介します。写真が多く、ちょっと長くなりそうなので。

d0170094_5232217.jpg
Tusco農園での昼食の後、私達はすぐそばにある「フラントイオ(搾油場)」の見学に行きました。
工場の周りは青々しいオリーブオイルの良い香りに包まれていました。
実は私達フラントイオに行くのはこれが初めてで、オリーブオイルが生まれるこの最前線を見れたことは、オリーブオイルソムリエとして非常に興味深く、至福の時間でした。

GORI氏に案内され、工場の中に入って行くと、今持ち込まれたばかりの他の農園のオリーブの計量が行われていました。
重さによって、フラントイオに支払う金額が変わるシステムになっていて、持ち込みの順番や時間は、全て予約で決められているそうです。
ちなみにその日のGORI氏のTusco農園の持ち込み時間は、夜20時頃になっていて、昼間収穫したものを必ずその日の夜、およそ6時間以内に搾油しているそうです。
どおりで鮮度抜群な訳です。

d0170094_5393995.jpg
重さを量った後、いよいよ搾油の機械に投入します。
投入された直後、まず葉っぱを除去する機械にかけられ、次に水洗いされます。
オリーブが汚れれいると、劣化の原因になって、いいオイルが出来ないのです。

そのあと石臼でペースト状にすり潰します。すごい勢いで石臼が回ります。迫力あります。
このとき種ごとペーストにします。
何年か前に種を取り除いてからペーストにする方法がイタリアで流行ったことがあるらしいですが、品質や味わいがあまり変わらないことが研究で分かって以来、種ごとの今の方法が主流になったそうです。

d0170094_5385216.jpg
余談になりますが、折角なので、ここで「フラントイオ(搾油場)」の説明を少し。
フラントイオとは、収穫したオリーブをオリーブオイルにする「搾油場」のことで、基本的に1年に1度オリーブの収穫時期しか稼働しません。
その期間は、ほんの数週間なのですが、工場の規模はかなり大きくなります。
小規模農園は、1年に1度の為にそこまで大きな設備投資をする必要がないので、自分の農園の近くのフラントイオにオリーブを持ち込んで搾ってもらうのが、一般的です。
フラントイオの経営形態は、様々で、大規模農園が自社で持っている場合もありますが、農園を持たないでフラントイオ経営だけをしている会社もあるようです。
今回訪問した所は、後者の方でした。イタリアならではで面白いですね。

今日は、ここまで。
かなりマニアックな感じになってしまいましたが、次回も読んでくださいね。
「フラントイオ(搾油場)」後半は、オリーブオイルが生まれる感動の瞬間です。

つづく

北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0931札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
Tel 011-812-5500
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-12-11 05:56 | Italia イタリア出張
2010年 12月 05日

12月及び年末年始の店舗営業のお知らせ

お知らせが遅くなってしまいましたが、12月及び年末年始の店舗営業のお知らせです。

12月は、日曜日(5日・12日・19日・26日)も営業します。
定休日は、12月6日(月)・7日(火)・13日(月)・14日(火)・20日(月)21日(火)です。
日曜日しかお時間が取れない方は、是非この機会にご来店ください。
お待ちしております。

年末年始のお休み 12月29日(水)~1月4日(火)
1月5日(水)から通常営業します。

よろしくお願いします。


北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0931札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
TEL 011-812-5500
FAX 011-812-5501
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-12-05 14:54 | Notizia お知らせ