オリーブオイル市場Blog

primolio.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

2010年「オリーブオイル買い付けの旅」オリーブ農家訪問トスカーナ編②

d0170094_527578.jpg先週末、大学時代の友人の結婚式で東京に行った際に、AISOイタリアオリーブオイルソムリエの仲間にも会ってきました。
職業も年齢も様々な仲間と久しぶりにオリーブオイルについて熱く語る時間は、いつも楽しく、色々なことに気づかせてくれる大切なひと時です。
「本物のオリーブオイルの素晴らしさを広めよう」という同じ志を持った仲間との縁をとても嬉しく思い、これからも大切にしていきたいと思っています。

今日は、オリーブ農家訪問トスカーナ編②「TUSCO農園」のレポートです。

bifolchi農園を後にした私達は、農園訪問に同行して頂いたGORI氏本人が手掛けている「TUSCO農園」に向かいました。今回の訪問で一番楽しみにしていた農園です。

d0170094_6124921.jpg
この農園もプラートの街を見下ろす標高300メートル位に位置するため、景色は最高です。
到着したときにGORI氏の綺麗な奥様と陽気なお父様が出迎えてくださり、早速農園の案内をして頂きました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、この農園は急な斜面にオリーブの木があるため、木が重ならずに長時間にわたって日光をしっかりと受けることが出来るそうです。
また標高が高いためオリーブバエが寄生せず、健康的なオリーブを収穫できるとのことです。

d0170094_6391032.jpg
ここを訪問した時は、今年の収穫が始まったばかりで、ルーマニアからの出稼ぎの方々が忙しそうに働いていました。彼らは、毎年この時期に働きに来て、最適な収穫時期を迎えた農園を回っているのだそうです。
はたから見ていると誰にでも出来そうな作業ですが、収穫するオリーブの見極めなどが難しいらしく、毎年来ている彼らにしかできない作業なのだそうです。

そしてGORI氏が「やってみるかい?」と手本を見せてくださり、初の収穫体験させてもらいました。
思っていた以上に力のいる大変な作業です。

d0170094_6514253.jpg
右の写真は、手摘み用の道具「ペッティネ」、日本語で「くし」という意味です。
TUSCO農園のオリーブは、酸度の極めて低い最高品質のオリーブオイルを作るため、完全に熟する前のオリーブを収穫します。
そのため実の枝離れが悪く、機械での収穫は不可能なため、すべて手摘で収穫されます。
手摘は、オリーブの実を傷つけることなく収穫できるため最高品質のオリーブオイルを作ることが出来るのです。
ただしオリーブを最適な熟し具合の時に、短時間で一斉に収穫をしなければならないので、多くの人手が必要になり、人件費もかかってしまうため、
結果的に最高級オリーブオイルとなってしまうのです。
GORI氏曰く、この方法がもっとも素晴らしいオイルを作るための方法なのだそうです。

d0170094_724116.jpg
収穫したオリーブは、ビール箱の大きさのカゴに入れられます。
このカゴ一杯にオリーブを詰めて約20キロだそうで、これ以上に大きなカゴになってしまうと下のオリーブが重さでつぶされてしまい美味しいオリーブオイルが作れないのだそうです。
またカゴの側面の穴が重要で、下のオリーブが蒸れて発酵しないようにするためだとのことです。
やはり実地研修は勉強になります。

d0170094_734542.jpg


農園見学の後、前日搾ったばかりの初搾りオリーブオイル「プリモオーリオ」を楽しめる昼食を用意して下さり、一つのテーブルを囲んでのピクニックのようでした。
オリーブ農園の中で食べるオリーブオイルの味は、最高に贅沢な味わいです。

d0170094_7482953.jpg
ここで皆さんにご報告があります。
このGORI氏が手掛けた「TUSCO農園」のオリーブオイルの輸入が決定いたしました。
日本では弊社だけの限定輸入になります。
イタリア商工会議所専属オリーブオイル鑑定士、オリーブ農園コンサルタント、AISOイタリアオリーブオイルソムリエ協会の講師自身が作る今年搾りたてのオリーブオイルは、今までの日本では出会えなかった最高の味わいです。
現在イタリアにおいて正式な商品として日本向けに準備を進めている最中ですので、入荷は来年1月下旬の予定となります。
ただし、どうしても待ちきれない方のためにサンプル用として数量限定ですが、緊急に輸入することが決定しました。
こちらの商品は、あくまでサンプル用で、5リットル缶での輸入となるため、私達の方でビンに詰め替えての販売となりますので、来年1月入荷のものとは、ビンやデザインが異なりますので、ご了承ください。
こちらは、すでにイタリアを空輸で出荷され、間もなく到着予定ですので、入荷後、準備が出来次第、このブログにてご案内いたします。
どうぞご期待下さい。

次回は、オリーブ農家訪問トスカーナ編③TUSCO農園のオリーブを搾る「フラントイオ(搾油場)」です。

北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0931札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
TEL 011-812-5500
FAX 011-812-5501
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-11-30 08:45 | Italia イタリア出張
2010年 11月 23日

2010年「オリーブオイル買い付けの旅」 オリーブ農家訪問トスカーナ編①

d0170094_4403970.jpg 今回はオリーブ農家訪問トスカーナ編①です。

トスカーナは、私が料理修業に訪れた思い出の土地です。
修業時代にトスカーナのスパイシーでアグレッシブなオリーブオイルに魅せられ、いろいろな生産者のものを何本も買い込み、いつも味比べしていたことをよく覚えています。

トスカーナでの滞在中、この土地にオリーブオイルインポーターそしてオリーブオイルソムリエとして
戻って来られたことをとても幸せに思っていました。

今回のオリーブ農家訪問では、イタリア商工会議所専属のオリーブオイル鑑定士兼AISOイタリアオリーブオイルソムリエ協会のGORI氏とAISOコースディレクターの中島さんに同行して頂き、フィレンツェ近郊のプラート2件、フィレンツェ1件、キャンティ1件の計4件の農家とフラントイオ(搾油場)を見て周りました。

d0170094_6812.jpg
今日は、最初に訪問したプラートの「Bifolchi農園」のレポートです。

私達は、プラート中央駅でGORI氏と待ち合わせ、車で農園に向かう途中、GORI氏が「今から行く農園は普通の農園じゃないからね。サッカー選手~~の家なんだよ」というのです。
車の中で名前がよく聞きとれず「サッカーあまり詳しくないからなぁ。まぁいいか。」と思いつつ、「それよりも普通じゃないって農園ってどんなんだろう?」と思っていました。

そんなことを考えているうちに、車はどんどん山の中に入り、まるで獣道のようなところを入っていきます。
すると急に大きな門が現れ、「着いたよ」と。

d0170094_5574690.jpg
なんとそこは日本では考えられないような大豪邸。
「よく来たね。」と中へ通されると、あまりの豪華さに絶句。ヨーロッパのお金持ちは桁が違います。
そしてお母さんというよりマダム特製のジャム約15種類、プロシュートハム、ペコリーノチーズ、フルーツ、フォカッチャそして今年収穫したばかりのオリーブオイルと贅沢な朝食を用意してくれていたのです。マダムはフランス人で元料理人とのこと。通りでジャムが美味し過ぎました。

そのあとオリーブ農園を見学に行ったのですが、農園というより庭園と言った方がいいのではと思うほどの素晴らしさで、オリーブの木に囲まれたプールや孔雀にウサギ・七面鳥・ガチョウまでいます。
そんな庭に圧倒されながら、忘れかけていた当初の目的のオリーブ林に到着し、今年のオリーブの出来、品種、収穫方法などGORI氏の説明を受けたのです。

d0170094_6205095.jpg
この農園は、品種モライオーロを主体に栽培していて、全て手摘で収穫しているとのこと。
標高300メートル位のところにあるため涼しく、オリーブに寄生するオリーブバエがいないことから高品質のオリーブオイルを作ることができるのだそうです。
また今年の夏イタリアは、涼しくて雨が多く、成熟が例年に比べ2週間ほど遅れているそうで、その影響で今年のオイルはトスカーナ特有の苦みがいつもより少ないものができているというのです。
たしかに朝食でテイスティグした時に香りとスパイシーな辛みは強いが、苦みが穏やかだなと感じていたのです。
この時に私は、やはり現地に来て・見て・触って・味わって、初めて解る・感じるものがあり、今回のイタリア出張は間違いではなかったと感じていたのでした。

d0170094_751464.jpg
最期にこのBifolchi農園の絶対に忘れてはならないオーナー家族について少し。
初めにすこし触れましたが、おそらくサッカー好きの間では、知らない人はいないであろう超有名選手、かつてのイタリア代表ボボことクリスチャン・ヴィエリファミリーの農園だったのです!!
しかもこの家には、あのフランス代表ジダンもビエリのお母さんの手料理を食べに来たことがあるのだそうです。そのテーブルで私達も食事をしていたとは。
ちなみに左の写真の右端の方は、ビエリのお父さんで、彼も有名なサッカー選手だったそうです。
後日イタリア人の友人にビエリの家に行ってきたと教えると皆大興奮していました。

次回は、オリーブ農家訪問トスカーナ編②「Tusco農園」です。


北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0931札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
Tel 011-812-5500
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-11-23 07:35 | Italia イタリア出張
2010年 11月 21日

2010年イタリア出張『オリーブオイル買い付けの旅』 

d0170094_4311585.jpgいよいよ次回から改めてイタリア出張「オリーブオイル買い付けの旅」を始めます。

最期のイタリア料理留学からすでに3年半。
この間に私とイタリアとの関わりも大きく変わりました。
今回は料理人ではなく、オリーブオイルインポーターとして初の訪問です。
またAISO認定オリーブオイルソムリエとして、日本の皆さんに本物のオリーブオイルの素晴らしさを紹介したい、知ってもらいたい強い思いがあり、その目標達成への第一段を踏み出せた旅でした。

この旅の目的は2つ、
「ただ美味しいだけではなく、生産者の情熱が作り出す本物の香り味わいのオリーブオイルを
見つけること」。
そして「最高の状態のまま日本に輸入する為の方法を話し合ってくること」でした。
延べ18日間、常に動きまわったイタリア滞在。
そこには、いろいろありながらもやっぱり憎めない、魅力溢れるイタリアがありました。

この更新は、しばらく続きます。お時間あるときに覗いてください。
次回は、収穫真っ只中のオリーブ農家訪問トスカーナ編です。

北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0931札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
Tel 011-812-5500
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-11-21 07:34 | Italia イタリア出張
2010年 11月 18日

札幌青果組合『野菜とオリーブオイル講座』

d0170094_19133776.jpg少し前になりますが、
札幌中央卸売市場にて青果組合の勉強会の講師をさせていただきました。
テーマは『野菜とオリーブオイル』です。

今回参加された皆様は、野菜ソムリエさん、八百屋さんと全員野菜のスペシャリストで、
30名もの方にお集まりいただきました。

初めにオリーブオイルのテイスティングをしていただいたのですが、
オイルを直に口にするのが皆さん初めてだったらしく、「本当に大丈夫!?」といった感じでした。
しかし新鮮なオイルを口にしたとたん「ぜんぜん違う!!」「美味しい」と
あちこちから聞こえてきて、ホッとしました。


その後は、さすが野菜のスペシャリストの皆様、終始興味深々でお話を聞いていただけました。
調理実習では、蒸し野菜、パスタを作り、野菜とオリーブオイルの相性の良さを実感していただけたようです。

私自身、食関係のプロの皆さんにお話しするのは、初めてでしたが、
私とは別の角度からオイルを見ていたりと非常に勉強になりました。
ありがとうございました。
これからも本物のオリーブオイルの素晴らしさを広めるべく頑張ります。

本物のオリーブオイルにご興味のある皆様
出張オリーブオイル講座・料理教室など随時承ります。お気軽にお電話下さい。

北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0931札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
Tel 011-812-5500
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-11-18 19:38 | Corso オリーブオイル講座
2010年 11月 09日

AISOイタリアオリーブオイルソムリエ協会認定ソムリエに合格!!

d0170094_2135128.jpgイタリアからのブログ更新をたったの2回しかできずに先週末帰国してしまいました。
楽しみにしていた皆様すみません。
ネット環境が整わなかったり、なんたりかんたりと、ただの言い訳です。
いずれにしても今後少しずつブログにて報告します。

それはさておき、皆様に重大なお知らせがあります。
なんとAISOイタリアオリーブオイル協会認定ソムリエに見事合格しました!!
しかも嬉しいことに北海道第1号です!!

今後はより責任感を持って、日々勉強し、本物のオリーブオイルの素晴らしさを伝えていきます。
またいちオリーブオイルインポーターとして最高品質のオリーブオイルの輸入を追及していきます。
今後ともよろしくお願い致します。

ちなみにAISOとは、『Associazione Italiana Sommeliers dell'olio(イタリアオリーブオイルソムリエ協会)』の略です。
イタリア政府公認のオリーブオイルソムリエ協会の本家本元です。

オリーブオイル専門店『Primolio』 (プリモオーリオ)
〒062-0931札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
Tel 011-812-5500
http://www.primolio.co.jp
※出張オリーブオイル講座・イタリア料理講座なども承りますので、お気軽にお問い合わせください。
[PR]

by primolio | 2010-11-09 21:52 | Notizia お知らせ