オリーブオイル市場Blog

primolio.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 16日

2010年イタリア出張「オリーブオイル買い付けの旅」オリーブ農家訪問トスカーナ編⑥

d0170094_320284.jpg
今日は、オリーブ農家訪問トスカーナ編⑥「San Gorgone農園」のレポートです。
フィレンツェから東に1時間くらい行った所にある大規模な農園でオリーブオイルの他にワインも作っていて、さらにアグリツーリズも経営している素敵な農園でした。

この農園は、約5000本のオリーブの木があるため機械での収穫が行われています。
昨年までは、沢山の人を使って手摘で収穫していたのですが、5000本もの木があるため時間がかかり過ぎて、オリーブの最適な収穫のタイミングに全て採りきれなかったり、人件費もかかるため、今年から機械での収穫を始めたそうです。

d0170094_3225690.jpg


こちらがその機械。
一見ショベルカーのように見えますが、腕の先端にオリーブの幹をがっちりとホールドする部分があり、そこが高速で振動してオリーブの実を揺すり落とす仕組みになっています。

d0170094_3273361.jpg


そばで見ているとその迫力に圧倒されます。地面が揺れます。
機械収穫はオリーブの木にダメージを与えてしまうのではと思っていたのですが、ある程度大きくなった木にとっては、むしろ根元の土が撹拌されてより元気な木になるそうです。

d0170094_3314988.jpg


このおじさんは、機械で落ちなかった枝の先端の実をたたき落とす係の人です。
高枝切りバサミのような長い棒の先に左右に振動する手のようなものが付いていて、実ををたたき落とす仕組みになっています。

d0170094_3323956.jpg


機械収穫されたオリーブ。
手摘みされたものと比べると、オリーブの実を覆ってしまうくらい葉も一緒に入っています。
搾油される時は、全て取り除かれるので品質的な影響はないそうです。

今回機械での収穫を初めて見学して、
今までは手摘み収穫が一番美味しいオリーブオイルを作ると思っていましたが、農園の規模、畑や木の状態などトータルで考えた時にむしろ機械収穫の方が美味しいオイルを作れる農園もある事を知りました。

d0170094_3334037.jpg


農園見学の後は、畑の中での新オリーブオイルを使った昼食となりました。
食後は、アグリツーリズモの宿泊施設やプールのある庭を見学させて頂きました。
今度はゆっくりと時間を取って泊まりに来たいです。

次回は、オリーブ農家訪問トスカーナ編⑦「イタリアで唯一のオリーブの苗木栽培をしている町PESCIA」です。


北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0933
札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
定 休 日 月・火 
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
TEL 011-812-5500
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2011-01-16 03:58 | Italia イタリア出張


<< 1/29土曜日 『フーズバラエ...      毎週日曜日も営業 >>