オリーブオイル市場Blog

primolio.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 30日

2010年「オリーブオイル買い付けの旅」オリーブ農家訪問トスカーナ編②

d0170094_527578.jpg先週末、大学時代の友人の結婚式で東京に行った際に、AISOイタリアオリーブオイルソムリエの仲間にも会ってきました。
職業も年齢も様々な仲間と久しぶりにオリーブオイルについて熱く語る時間は、いつも楽しく、色々なことに気づかせてくれる大切なひと時です。
「本物のオリーブオイルの素晴らしさを広めよう」という同じ志を持った仲間との縁をとても嬉しく思い、これからも大切にしていきたいと思っています。

今日は、オリーブ農家訪問トスカーナ編②「TUSCO農園」のレポートです。

bifolchi農園を後にした私達は、農園訪問に同行して頂いたGORI氏本人が手掛けている「TUSCO農園」に向かいました。今回の訪問で一番楽しみにしていた農園です。

d0170094_6124921.jpg
この農園もプラートの街を見下ろす標高300メートル位に位置するため、景色は最高です。
到着したときにGORI氏の綺麗な奥様と陽気なお父様が出迎えてくださり、早速農園の案内をして頂きました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、この農園は急な斜面にオリーブの木があるため、木が重ならずに長時間にわたって日光をしっかりと受けることが出来るそうです。
また標高が高いためオリーブバエが寄生せず、健康的なオリーブを収穫できるとのことです。

d0170094_6391032.jpg
ここを訪問した時は、今年の収穫が始まったばかりで、ルーマニアからの出稼ぎの方々が忙しそうに働いていました。彼らは、毎年この時期に働きに来て、最適な収穫時期を迎えた農園を回っているのだそうです。
はたから見ていると誰にでも出来そうな作業ですが、収穫するオリーブの見極めなどが難しいらしく、毎年来ている彼らにしかできない作業なのだそうです。

そしてGORI氏が「やってみるかい?」と手本を見せてくださり、初の収穫体験させてもらいました。
思っていた以上に力のいる大変な作業です。

d0170094_6514253.jpg
右の写真は、手摘み用の道具「ペッティネ」、日本語で「くし」という意味です。
TUSCO農園のオリーブは、酸度の極めて低い最高品質のオリーブオイルを作るため、完全に熟する前のオリーブを収穫します。
そのため実の枝離れが悪く、機械での収穫は不可能なため、すべて手摘で収穫されます。
手摘は、オリーブの実を傷つけることなく収穫できるため最高品質のオリーブオイルを作ることが出来るのです。
ただしオリーブを最適な熟し具合の時に、短時間で一斉に収穫をしなければならないので、多くの人手が必要になり、人件費もかかってしまうため、
結果的に最高級オリーブオイルとなってしまうのです。
GORI氏曰く、この方法がもっとも素晴らしいオイルを作るための方法なのだそうです。

d0170094_724116.jpg
収穫したオリーブは、ビール箱の大きさのカゴに入れられます。
このカゴ一杯にオリーブを詰めて約20キロだそうで、これ以上に大きなカゴになってしまうと下のオリーブが重さでつぶされてしまい美味しいオリーブオイルが作れないのだそうです。
またカゴの側面の穴が重要で、下のオリーブが蒸れて発酵しないようにするためだとのことです。
やはり実地研修は勉強になります。

d0170094_734542.jpg


農園見学の後、前日搾ったばかりの初搾りオリーブオイル「プリモオーリオ」を楽しめる昼食を用意して下さり、一つのテーブルを囲んでのピクニックのようでした。
オリーブ農園の中で食べるオリーブオイルの味は、最高に贅沢な味わいです。

d0170094_7482953.jpg
ここで皆さんにご報告があります。
このGORI氏が手掛けた「TUSCO農園」のオリーブオイルの輸入が決定いたしました。
日本では弊社だけの限定輸入になります。
イタリア商工会議所専属オリーブオイル鑑定士、オリーブ農園コンサルタント、AISOイタリアオリーブオイルソムリエ協会の講師自身が作る今年搾りたてのオリーブオイルは、今までの日本では出会えなかった最高の味わいです。
現在イタリアにおいて正式な商品として日本向けに準備を進めている最中ですので、入荷は来年1月下旬の予定となります。
ただし、どうしても待ちきれない方のためにサンプル用として数量限定ですが、緊急に輸入することが決定しました。
こちらの商品は、あくまでサンプル用で、5リットル缶での輸入となるため、私達の方でビンに詰め替えての販売となりますので、来年1月入荷のものとは、ビンやデザインが異なりますので、ご了承ください。
こちらは、すでにイタリアを空輸で出荷され、間もなく到着予定ですので、入荷後、準備が出来次第、このブログにてご案内いたします。
どうぞご期待下さい。

次回は、オリーブ農家訪問トスカーナ編③TUSCO農園のオリーブを搾る「フラントイオ(搾油場)」です。

北海道第1号AISO認定イタリアオリーブオイルソムリエのお店
オリーブオイル専門店『Primolio』(プリモオーリオ)
〒062-0931札幌市豊平区平岸3条15丁目1-1 シェモア平岸1F
営業時間 11:00~18:00
営 業 日 水・木・金・土
土曜のみ「小さなイタリアンレストラン」オープン
11:00~食材がなくなり次第終了
TEL 011-812-5500
FAX 011-812-5501
http://www.primolio.co.jp
[PR]

by primolio | 2010-11-30 08:45 | Italia イタリア出張


<< 12月及び年末年始の店舗営業の...      2010年「オリーブオイル買い... >>